先読み経営

この「先読み経営」ビデオ講座で学ぶと、
結果が出る前に、結果が見える!
“先手”が打てる!安定経営を実現できます。

「先読み経営」ビデオ講座を
お申込みの方だけの限定プレゼント!

メルマガイメージ

先読み経営メルマガ




こんにちは。
「食える企業」実現のための戦略家育成の専門家
澤田 和明です。

澤田和明

このビデオ講座で学ぶと
多くの経営者が抱える
・先行きが見えず不安だ…
・今、どんな手を打つべきなのか?がわからない
といった悩みを解決できる!

3か月先の入出金を読むことができるようになる

先手必勝「先読み経営」

の実践方法をご紹介しています。

ビデオ講座の内容

下記の内容をお送りします!

1.5,000万円持ち逃げ!?澤田の人生波瀾万丈です

2.崖っぷち企業も返り咲いた「先読み経営」とは?

3.すぐできる「先読み経営」構築の全体像

4.なぜ「先読み経営」が必要なのか?

5.なぜ他の方法だと経営がうまくいかないのか?

6. 現場がアクション体質に変わった製造業の事例

7. 営業が自律的に動くようになった運送業の事例

8.「先読み経営」の導入が成功するためのポイント

*内容は一部変更される場合があります

結果が出る前に、結果が見える!

「先読み経営」 の必須テンプレートがこちら☟☟

「先読み経営」必須テンプレートを使うことによって、先手先手で手が打てる!
安定した経営を実現するための大切なツールとなります。


先読み経営メルマガ





会社は絶対潰してはならない

なぜ私がこのビデオ講座をはじめたのか?
それは、
「会社は絶対潰してはならない」
という強い思いがあるからです。

「企業会計原則」「税法」
という会計畑で生きていた30代の頃、
2つの壮絶な倒産の場面に身を置くことになりました。

企業倒産がどのような悲惨な状況になるか?

倒産する企業に関わっている「取引先(お客様)」だけではなく、
「従業員」「従業員の家族」「協力会社」「金融機関」「地域近隣」など、
周りの大切な人達に大きな影響を及ぼすことを身をもって体験したのです。

この壮絶な体験はビデオ講座の中で
お話ししていくことにします。

このような経験から、
「会社は絶対潰してはならない」
という強い思いを持ち、経営コンサルティング事業を開始しました。

これまで「企業再生」案件もたくさん行ってきました。
現在は、
丸16年経ち、トータル160社以上の支援実績があり、
関わった企業で倒産した企業は1社のみです。

「先読み経営」ができるようになると・・・

✅赤字が出る前の黄色信号で根本的な対策が打てる!
✅新市場・新製品やサービスを継続的に生み出すマネジメントの仕組みができる!
✅将来の業績と対策を社内で共有し、協働して稼ぐ意識が育つ!
✅既存社員のまだ見ぬポテンシャルが引き出され、キーパーソンに成長!
✅社員の考え方・行動パターンが改善され、自立型人財・組織へ成長!
✅社員同士の対話が生まれ、創造する文化が育つ!

会社を存続させる、そして、経営を発展させるためには、
希望的観測では成り立ちません。

業績の先を読み、安定した経営基盤を構築するために

未来から業績の着地点を読む

そういったマネジメントが必要なのです。

会社は絶対潰してはならない!

あなたの会社も絶対に潰してはいけません。

今すぐ、経営の不安を解決し、
安定した経営基盤を築く第一歩を踏み出しましょう!


先読み経営メルマガ





澤田和明プロフィール

平成20.11:株式会社コンサルティング・ネットワーク設立
平成24.10:株式会社CNCホールディングス設立 専門家のネットワーク化を開始
平成25.8:経済産業省「経営革新等支援機関」認定 関財金1第652号

 

現在は、「自力経営支援」をミッションに掲げ、企業再生を中心に、財務強化支援、資金調達支援、組織改革、人財育成コンサルティング、戦略家育成、経営計画策定支援等の経営全般支援(特に経営基盤構築支援)、企業ネットワーク構築支援及び研修、セミナー・講演(累計約150回)などの活動を展開、著書も多数出版している。

また、各専門家分野のスペシャリストによる95社の専門家集団を主導し、総力をあげて企業が抱える経営課題を解決に導いている。

 

「先読み経営」の導入事例

 

3年連続8,000万円以上の赤字…1年間で9,800万円もの借入金の元金返済をしていた水道設備会社が、先読み経営を導入し、年間の借入金元金返済を1,300万円まで軽減。年間8,500万円のキャッシュが浮くことになり企業再生を達成  社員にもキャッシュを還元できた。

 

売上13億円弱、社員40名だった冷凍食品メーカーに工場固定費削減3%、固定費の削減年間300万円の目標を設定。先読み経営を導入することによって、13億5千万円の売上目標、経常利益9,700万円(前期4,800万円)が、期が終わった時には15億円以上を達成   現在は25億円の売上で社員も120名に拡大

 

「再生は不可能」と2人の再生コンサルにさじを投げられた木工加工業。出費は抑えても、なにせ受注が少ない…。そこで先読み経営を実践し、新規事業の立ち上げに着手!家具屋とのマッチングでは「世界でたった1つの婚礼家具」を売り出し、葬儀屋とのマッチングでは「亡くなった方が好きだったアロマ棺に入れる仕組み」など、いまでは節税で悩むほどの好業績に

 


©「先読み経営」ビデオ講座|「食える企業」実現のための戦略家育成の専門家 澤田和明